3部-16債務整理①過払い請求で借金返済額の一部が戻るかも!

今回は借金を抱えている方がその借金の
返済や減額、負担軽減をするための手段
「債務整理」

この手続きの中の1つ「過払い請求」
についてご紹介します。

過払い請求とは?

カードローンやキャッシングなどで
借りていた方は、それを返済する際に
毎回、利息もそ含めて支払います。

実はその利息を支払い過ぎている
場合があるのです。

その支払い過ぎたお金を
「過払い金」と呼び、これを
返してもらうように請求することを
「過払い請求」と呼びます。

なぜ過払い金が発生するのか?

なぜ利息を支払い過ぎている人が
いるのか?

それはお金を貸す側の会社が法律の
上限を超えた利息を取り続けていた
時期があったからです。

この時期に借りたお金の返済を
行っていた人には過払い金が発生
している可能性があるのです。

過払い金がある人はどんな人?

必ず発生しているとは限らないのですが
過払い金が発生している可能性がある
条件としては

①2010年(平成22年)6月17日
 以前にお金を借り始めた
②借金を返し終わってから10年以内

上の①と②の両方に当てはまる方です。
ちなみに借金は返済中、完済済み、
どちらでもかまいません。

②の完済後10年以内というのは
過払い金の請求期限がそのように
決められているためです。

これを過ぎると過払い金があっても
請求する権利を失ってしまいます。

また、お金を借りていた会社が倒産
してしまった場合も請求は難しい
ようです。

自分に過払い金があるか知りたい

弁護士さんや弁護士事務所に依頼を
すると、調べてくれます。

どこに依頼するのかにもよりますが、
私が依頼した法律事務所では
過払い金の有無の調査だけなら、
無料でしてもらえました。

その結果、過払い金が無ければお金も
取らないそうです。

なので、もし自分にも過払い金が
あるかもしれないと思ったら
とりあえずダメ元でも調べてもらった
方がいいと思います。

手続きは簡単!

過払い請求をしたい旨を伝えて
「いつ」「どこから」「いくら」
借りたかを伝えるだけです。

記録も記憶もない方でも大丈夫!

「大体いつ頃、どこから借りたか?」
私もこれだけの情報しか覚えていません
でしたが、調べてもらえました。

過払い請求にデメリットはあるのか?

過払い請求には基本的にデメリットが
無いと思います。

しいて言えば、依頼する手間と依頼先
から届く郵便物くらいです。
その郵便物も分からないよう、配慮
してくれる所が多いです。

それから、この過払い請求、
債務整理の1つではあるのですが、
「借りたお金が返せない」などの
「自分に非がある行為」とは違います。

そのためブラックリストに載ったり
請求したことで不利な扱いを受ける
ことはありませんので、ご安心ください。

次回

このブログのこれまで

これまでは貧乏でお金に困っている方が
いかにしてお金を稼いだり、借りたり
するか、その方法をご紹介してきました。

そしてそこから這い上がるために
実践したお金の稼ぎ方や借り方、
その知識などをご紹介しております。

そちらもお読みになりたい方は右上の
メニューにある投稿記事一覧から
ご覧ください。

3-16借金で貧乏な方の債務整理①過払い請求
最新情報をチェックしよう!