3部-13借金で貧乏でもFXで稼ぐ!損しないための知識⑥⑦

本日も「貧乏ジンの借金返済大作戦」を
ご覧いただきありがとうございます。

今回は
前回ご紹介したお金の問題4つの
解決方法その3「増やす」FXの

損をしないために必要な基本知識

①レバレッジ
②スプレッド
③証拠金維持率
④強制ロスカット
⑤スワップポイント
⑥追証
⑦ゼロカットシステム
これらのうち⑥⑦をご紹介します。

ちなみに

このブログではパチンコをきっかけに
貧乏になり、カードローンでの借金から
多重債務へと陥り破滅した私の再生。

そして再生までの道のりと私が実際に
経験したお金の稼ぎ方。その手段・手法
についてご紹介しております。

他の情報をお読みになりたい方は右上の
メニューから投稿記事一覧がご覧に
なれるので、そちらからお探しください。

⑥追証

追証とは「おいしょう」と読み
簡単に言うと足りないお金が発生した
ので追加で入金をしてください。
という証券会社からの催促です。

前々回のブログでご説明した通り
FXでは口座残高以上の金額を
取引できる「レバレッジ」という
システムがあります。

3ー13借金で貧乏!FXの基本的な知識⑥⑦

これは実際の手持ち金よりも多くの
金額の取引を信用によって行っています。

しかし前回のブログでご説明した
「証拠金維持率」が一定の水準より
下回るとその信用を失い、それを
回復させるために「追証」を
求められるのです。

追証を支払わないと

追証を支払わないと前回のブログで
ご説明した「強制ロスカット」が
起こってしまいます。

こうなってはせっかくの逆転の
可能性も0になってしまうので

絶対に避けたいところであります。

追証はやっかい

追証は一度発生すると新たに入金を
するしかロスカットを避ける方法が
ありません。

しかも、証券会社によっても異なり
ますが、追証の入金までの期限も
決められていたりします。

それまでに入金できないと、これも
「強制ロスカット」となるので
かなり追い詰められた状態と言えます。

追証を防ぐには

「証拠金維持率」を高く保つことです。

そのためには口座にいくら入っていて
この取引をすると維持率はどうなるか?

などをしっかり考えた資金管理を
徹底する必要があります。

追証が無い証券会社もある

追証は証券会社によって
「証拠金維持率が100%を下回ったら」
など、それぞれ決められています。

しかし、もう1つ追証を回避する
方法として、そもそも
「追証が無い証券会社を選ぶ」
という手もあります。

私は全ての証券会社を調べていないため
自分の知る範囲でのご紹介になりますが
「XM」では追証が発生しません。

XMで追証が無い理由

「XM」ではなぜ「追証」が無いのか?
私も不思議に思い調べてみました。

どうやら証券会社の側の利益の出し方に
秘密があるようです。

というのも証券会社によっては
私たちに利益を出し続けてほしいと
考えている所があります

その代わりたくさん取引を
してほしいのです。

なぜ証券会社がそう考えるのかというと

私たちが取引を行う際
「スプレット」の中には証券会社に
対する手数料が含まれているのです。

なので、強制ロスカットになるよりも
勝ったお金で取引を続けてもらって
手数料をたくさん払ってほしいのです・

だからそのために追証が無く、
ロスカットの基準値も20%と
他と比べ低いのです。

この事実を知り、私も最初は
あまりの好条件で怪しんでいましたが
納得でき、安心して利用するように
なりました。

⑦ゼロカットシステム

これは国内のFX業者にはない
私たちが取引を行う上で非常に
有効なリスク回避システムです。

FXでは自分の口座にあるお金以上の
金額を動かす大きな取引を行えます。

そのため、国内のFX業者を利用
していると、残高がマイナスになる
こともあります(追証)

しかし海外のFX業者
(私の知る限りではXMさん)
ではマイナスになった分は
帳消しにしてくれるのです。

そうするといくらたくさんの損失を
抱えたとしても、最悪
口座残高が0円になることで済みます。

この安心感は大きいと思います。

私が初心者や借金で貧乏な方、
大きな勝負をしたい方に「XM」を
すすめる理由はここにあります。

大体こういったメリットには
デメリットがつきものですが、
それが無いのもこのシステムの
すごい所です

過去2回のブログも含め、
ここまで読まれた方は、もう「XM」
でならFXを始めても大丈夫です。

他のFX業者で始めるのであれば、
次回のブログを読んでからにして
いただきたいですが、そうでないなら
さっそく始めてみてはいかがでしょうか。

無料で実際のトレードが3000円分
取引できる特典もあるので
このすぐ下にバナーを貼っておきます。

次回

最新情報をチェックしよう!