2部―2・就職してからもギャンブルがやめられず借金

こんにちは、本日も

「貧乏ジンの借金返済大作戦」を

ご覧いただきありがとうございます。

前回は学生時代にギャンブルを覚え

のめりこみ

借金をするようになっていった私でした。

そんな私もその後

人並みに就職することができました。

しかし、就職してもギャンブルを

やめることができず、その後さらに

堕ちていくこととなります。

ここからは社会人となった私の

過ちの軌跡をご紹介したいと思います。

先にお金の借り方・稼ぎ方について

お知りになりたい方は

このまま3部へお進み下さい。

2ー2就職してもギャンブルで借金生活

就職後もギャンブルがやめられず・・・

無事に就職した私でしたが

パチンコは相変わらず続けていました。

いや、むしろ状況は悪化していました。

きっかけは1人暮らしだったと思います。

それまで遅く帰ると家族が心配するとか

休みに出かけると理由を言わなければ

ならないという私にとってのパチンコに

行く上での気がかりがありました。

しかし1人暮らしをすることによって

誰の目も気にすることなく朝から晩まで

パチンコを打てます。その結果、私は

パチンコ店に時間の許す限り入り浸る

ようになってしまったのです。

もちろん長くいる分

パチンコに使うお金も増えていきます。

そしてここで学生のころとの決定的な

違いに対しての認識の甘さが私の

今後を大きく左右します。

生活費を使ってしまった

そうです。生活するうえで必要な

お金まで使ってしまったのです。

学生時代で実家暮らしであれば自分の

生活費とは交通費やお小遣いでした。

しかし、社会人のしかも1人暮らしの

生活費となると話は違います。

そこには家賃・水道・ガス・電気その他

諸々のライフラインが含まれます。

これから初めて1人暮らしをする

そんな方のために何にお金がかかるのか

ざっとご紹介しておきます。

「食費」「消耗品費」「交通費」

「家賃」「携帯」「電気」「ガス」

「水道」「保険」「NHK受信料」

「散髪代」「車があればガソリン代・

車検代・自動車税」

人によっては他にも

必要な支払いがあったりします。

そういった詳しい話や具体的な金額に

関してもいずれ書いていきますので

投稿されたら是非ご覧ください。

そう、ざっと考えただけでも

1人暮らしにはこれだけの

支払いがあるのです。

それにもかかわらず

当時の私はどんぶり勘定で根拠もなく

「なんとかなるさ」と

パチンコをするために

生活費にまで手を付けはじめました。

これが後に自分を破滅に導くとも知らずに・・・

支払いに必要なお金や

生活費がなくなると

親や職場の人にお金を借りるように

なっていきました。

しかもパチンコでお金が無くなった

なんて知られたくなくて

適当な嘘をついて借りていました。

それでもそんな生活は長くは続きません

生活を改めなければお金は無くなります

それに悪いうわさも広まります。

そこから更なる借金地獄に

陥っていくのですが、続きはまた次回に。

<次回>

〈今回のポイントはこちら〉

○お金の管理ができないまま

 1人暮らしを始めてしまった

○家計簿を付けていなかった

○お金の計算がどんぶり勘定だった

○支払いに必要なお金まで

 使ってしまった

○「なんとかなるさ」に根拠がなかった

最新情報をチェックしよう!