2部―3・同僚・知人・友人からも借金をしてしまい、信用・信頼を失う

こんにちは、

本日も「貧乏ジンの借金返済大作戦」を

ご覧いただきありがとうございます。

第2部ではお金の稼ぎ方をご紹介する

前に同じ過ちを犯す方を少しでも減らす

ために私の体験談をご紹介しております

お金の借り方、稼ぎ方について先に

お知りになりたい方は

このまま第3部へお進みください。

前回は就職後もパチンコをやめられず、

むしろそれまでもより多くの時間と

お金をつぎ込むようになったところまで

お話ししました。

2ー3知人・友人からも借金で信用・信頼を失う

支払い不能そして借金へ

現状把握ができていないまま

生活費をつぎ込んでいく日々・・・

いよいよ支払日が迫ると

そこでようやく私は気付きました。

「やばい、お金が無くて支払いができない!」

そうです、実家暮らしの学生と

1人暮らしの社会人

その大きな違いがここで

大きくのしかかってきたのです。

電気・ガス・水道・携帯などは

未払いを放置すれば止められてしまうし

家賃やNHK受信料などは

督促が始まります。

何としてもそのような状態を

避けたかった私は1番身近にいて

お願いをしやすかった職場の同僚に

頻繁にお金を借りるようになって

いきました。

当初は給料日が来るとすぐにその同僚に

返済し、ことなきを得ているように私は

感じていました。しかしそれは

私の勘違いでした。

お金を借りることに抵抗が無くなる

いつしか次の段階に堕ちる悪い癖と

思考がしみついてしまっていました。

どうにもならなくなったら同僚に借りて

給料日に返せば大丈夫だと・・・

あとはギャンブルの時と一緒でした。

徐々に金銭感覚のマヒが悪化していき、

お金を借りる回数、人数、金額が

増えていき、気付けば自分の収入を

超える金額を借り、返済のために誰かに

借りるという更なる負のスパイラルに

陥ってしまったのです。

このころになると私が同僚からお金を

借りたという話は広まっており、

パチンコにのめり込んでいることも

知られていたことから距離を置かれる

そんなこともしばしばでした。

そうすると今度は学生時代の知人や

友人にも借金のお願いをしました。

その結果、借りたとしても借りてないと

しても壊れた関係がいくつもありました。

今となってはそんなお願いをしたことを

とても後悔しています。

かくして私はパチンコをやめるでもなく

生活を改めるでもなく

借金ばかりを重ねて

愚かにも

自分を追い詰めていったのでした。

<次回>

〈今回のポイントはこちら〉

○親に相談をしなかった

○お金を借りている状態なのにパチンコを続けていた

○同僚・友人・知人からの借金に抵抗を感じなくなっていた

○借金のせいで関係を自ら壊してしまった

○自分の収入-支出=手元に残るお金

  この手元に残るお金以上の返済が

  必要になる借金をしてしまった

このブログで見れることは?

このブログでは

パチンコなどのギャンブルや適当FXで
生活困難な貧乏に陥り、消費者金融
などのカードローンでの借金を繰り返し
多重債務となった私の失敗談。

どん底の経験を経て私が得た
貧乏な人がお金を稼ぐ・用意する方法。
借金問題を解決する具体的な方法。

私が本気でFX・ブログ・労働で稼ぎ
ながら借金を返済していく経過報告

これらについてご紹介しています。

ページ上部、携帯では右上のメニューに
あるカテゴリ一覧などから興味のある
記事をご覧ください。

最新情報をチェックしよう!